So-net無料ブログ作成
検索選択

一夜限り小栗旬のオールナイトニッポンGOLD

ルパン三世の実写版の公開前日の8月29日午後10時から
小栗旬さんのオールナイトニッポンGOLDの放送決定!!

実は、小栗さんは2007~2010年に水曜深夜1時から
オールナイトニッポンのパーソナリティーを務めていました

小栗さんがオールナイトニッポンのレギュラーに抜擢されるきっかけとなったのは
2006年11月4日に放送された「小栗旬のオールナイトニッポンR」での反響の大きさからレギュラー抜擢に至っています。

レギュラーに抜擢されるほどなので
当時かなりの反響があったのでしょうね



スポンサーリンク









ただし、レギュラー化されてから一つ小栗さんの黒歴史があります・・・
第1回目の放送から小栗さんの番組内での呼び名をリスナーから募集していました

第3回目(2007年1月17日放送)で、呼び名が決定したのですが
その名も「旬カーベル」!!

この呼び名は小栗さんが気に入らなかったのか本人の要望で中止されています
中止にするのであれば、なぜ募集したのかと疑問になりますが・・・

小栗さんのオールナイトニッポンは非常に人気があったよですね
当時の他のオールナイトニッポンに比べるとゲストが多く

ビジネスも絡むので当時の共演者が多くなるのは仕方がないのですが
以外にも深夜枠のラジオだからなのか脚本家なども出演していたようです

ラジオでも小栗さんは非凡な才能を発揮しています

当時出演したドランクドラゴンの塚地武雅さんは

 「進行が巧い。
 普通もうちょっとグダグダになるもんやけど、ウチの鈴木よりはるかに巧い」

と話しています

また俳優をしている小栗さんならではの放送スタイルがあって
舞台やドラマ撮影の日程上スタジオに来られない日があった時には
録音放送ではなく宿泊先のホテルから生放送という体制をとっていたようです

スタジオ外での生放送の時は万が一に備えて
吉田尚記アナウンサーがニッポン放送のスタジオで待機し
中継回線が途切れた時に対応できるようにしていたそうです


さて今回はルパン三世の実写版の公開前となる
一夜限りではありますが、ファンには嬉しい復活となります

小栗さんは今回のオールナイトニッポンGOLDへの出演について

 「映画にからめた復活続きなので、たまには普通に帰ってきたいなんて思いつつ、
 やっぱり大好きなラジオなので大いに楽しみたいと思います」

とコメントしています。


今回のオールナイトニッポンGOLDにはゲストとして
ルパン三世実写版では石川五右衛門役を演じ
ラジオ好きだという綾野剛さんが出演予定です

映画の撮影秘話はもちろん
気になる人気俳優であるお二人のプライベートについて語る予定となっています。



スポンサーリンク









気になる配役は

 ルパン三世・・・小栗旬さん
 峰不二子・・・・黒木メイサさん
 次元大介・・・・玉山鉄二さん
 石川五ェ門・・・綾野剛さん、
 銭形幸一警部・・浅野忠信

となっています。
ルパン.PNG
 ※http://www.lupin-the-movie.jp/より引用

オリジナルストーリーの実写作品で監督は北村龍平さんとなっています。


ストーリーはこちら

『世界有数の盗賊団“ ザ・ワークス ”を仕切る老頭目・ドーソンが自らの後継者を発表するため、大邸宅に裏社会で名を馳せた怪盗たちが大勢やってくる。
その中にはルパン一家の面々もいた。
遂に後継者を発表しようとしたその時、ドーソンは凶弾に倒れた。
祖父ルパン一世の友人という縁があったドーソンの死にルパンはいきり立つ。
ドーソン殺害の背景には歴史的秘宝・クリムゾン・ハートを巡る、ドーソンと彼に匹敵する東洋闇社会の王・Mr.プラムックとの長きに渡る確執があった。
カエサルがクレオパトラに贈るために作らせたクリムゾン・ハートは古代歴史の混乱時代を経て、いつしか“ 光の首飾り ”と“ 真紅のルビー ”に分かたれ、現在では“ 真紅のルビー ”をドーソンが、“ 光の首飾り ”をプラムックが所有。互いが隙あらば奪いクリムゾン・ハートを甦らせようと暗闘を続けていたのだ。
ドーソンを殺し“ 真紅のルビー ”を手に入れたプラムックは遂にクリムゾン・ハートを完成。究極のセキュリティと刺客が集う難攻不落の要塞“ 方舟(ジ・アーク) ”の最奥部に納めた。
ルパンはドーソンの遺志と世界一の泥棒の称号にかけて、次元・五エ衛門と共にクリムゾン・ハート奪還に挑む。』
 (※http://ja.wikipedia.org/より引用)



実写版が決定した時から話題の今作品

今回の限定復活のオールナイトニッポンでかなり作品についても語られるのではないかと思います
ラジオを聞いてテンションを上げてから映画を見に行くのもいいのではないでしょうか



スポンサーリンク









コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。